なぜバストアップにエクササイズが効果的なのか

大胸筋がバストアップに関わっている

バストアップには乳腺と脂肪、大胸筋、女性ホルモンの4つの要素が関係しています。乳腺が発達すると乳腺自体で胸が大きくなり、脂肪も作ってくれるのでバストアップができます。女性ホルモンの質を高めること、大胸筋を鍛えることが乳腺の発達には重要だと言われています。女性ホルモンの質を良くするにはしっかり睡眠を取る、栄養を摂る、エクササイズをして体を動かすことが大事です。また、大胸筋を鍛えるためにもエクササイズは有効になります。大胸筋を鍛えると乳腺の発達を促すだけでなく、大胸筋で胸に厚みが出るのでバストアップに繋がります。女性ホルモンの質を高めて大胸筋を鍛えるためにもどんどんエクササイズをしていきましょう。

垂れ乳の解消などにもエクササイズが有効

胸のエクササイズにはいくつか種類があり、バストアップするだけではなく、垂れ乳の解消や胸が流れるのを予防することもできます。垂れてしまったり流れてしまってからでも効果は期待できますが、予防のためにエクササイズを始めておくと形が良くハリのある胸を維持できますので、普段からやっておきたいところです。また、どんな目的でエクササイズをしても効果がすぐに出る方やしばらく効果が出ない方など個人差があるため、しばらく続けるようにすることが大事です。2週間以上続けたら効果が実感できたという方が多いですから、そこを目安に頑張ってみましょう。エクササイズをする時間を多くして、回数を増やせばその分効果が早く実感できる可能性がありますから、興味がある方は試してみて下さい。