バストアップに効果がある食べ物

女性ホルモンとよく似た働きを持つ成分を摂取しよう!

女性のバストサイズは個人差が大きいですが、小さいまま成長したからと言って諦めるのはまだ早いです。バストアップに役立つ成分を持つ食材を普段の献立に取り入れれば、自然に自分の求めるバストサイズに近づいていくかもしれません。バストを大きくしたいけれど豊胸手術をしたりヒアルロン酸などのフィラーを注入することに抵抗がある人や、バストアップサプリメントでプエラリアミリフィカを飲む時の副作用が気になる人は食事でバストアップを狙うのがおすすめです。バストアップに良い食材の中でも定番なのが、豆腐やきな粉などの大豆製品です。体の中に入ると女性ホルモンとよく似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれているので、乳腺を刺激してくれます。

ボロンやたんぱく質の豊富な食材も効果的

大豆と大豆製品から摂取できるイソフラボンはバストのサイズを大きくするだけではなく、年齢に負けないハリのある肌を作ることも出来ます。そのため、食事で女性らしいボディラインを形成するためには欠かせない存在ですが、これ以外にもバストを支える筋肉の材料になったり、エストロゲンを体内で作り出すために必要なたんぱく質も意識して摂取することをおすすめします。ヘルシーな鶏肉などを食べるようにすれば、食べ過ぎて太ることも避けられます。また、あまり知られていませんが、ボロン(ホウ素)という成分もエストロゲンの分泌量を増やしたい時に有効です。ボロンは熱に弱い成分ですから、キャベツやリンゴのようになるべく生で食べやすい食材を選ぶと良いでしょう。